トップ / 賃貸物件を借りる際必要な保証人

賃貸物件を借りる際必要な保証人

賃貸契約の保証人

駅直結物件

賃貸物件の保証人について

賃貸物件を借りる場合には一部の物件、例えばマンスリーマンションやウィークリーマンションでは保証人を必要としていないこともありますが、多くの物件では必要としているのが現状です。普通は親族がなります。親がいる場合には親がなりますが、最近は基準は厳しくなり、すでに退職してしまった場合などのように定職についていない場合は保証人になることが出来ません。借主の賃貸物件の家賃の支払いを保証する人がどうしてもいない場合には保証会社を利用するという方法もあります。ただ、その場合、一定基準の収入が無ければならないなど基準はある程度厳しいものになっています。

契約における保証人の役割

マンションやアパートなどの賃貸の物件に入居をする際にごく少数の例外を除いて求められるものとして連帯保証人があります。この存在はアパートやマンションなどの大家さんにとって必要不可欠なもので、家賃収入を取りはぐれないようにするための重要な存在となっています。万が一、何らかの事情によって賃貸物件の入居者が家賃を支払うことができなくなってしまった場合、その入居者の代わりに連帯保証人が家賃を支払うことになります。そのため、大家さん側は家賃を取りそびれることなく、毎月、安定して家賃収入を得ることができるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の保証人について. All rights reserved.