トップ / 賃貸を借りる際のお金について

賃貸を借りる際のお金について

賃貸の初期費用には

駅直結物件

賃貸の初期費用の種類

賃貸の初期費用には契約により様々なものがあります。大きなもので、建物の修復時に使用される敷金があり、お部屋を借りたときに借主の過失が発生された場合にそこから引き落とされます。ですが、綺麗にお部屋を使用していた場合は、修復費用がかからないため、敷金が全額返ってくることがあります。また、もう一つ賃貸の大きな初期費用として礼金があります。これは、オーナーに支払われるお金で、お部屋を綺麗に使っていたとしても、基本的には返ってくることはありません。敷金、礼金ともに家賃の1ヶ月から2ヶ月必要となることが多いですが、入居時期やお部屋によっては必要のないこともあります。

初期費用は3~4カ月が相場

賃貸でマンションや家を借りる場合、家賃の3~4倍のお金が初期費用としてかかります。敷金が2カ月、礼金が1カ月、家賃が1カ月で4カ月分の費用がかかります。しかし、マンションによっては敷金礼金なしのところもあります。しかし、敷金、礼金なしのところは家賃が高かったりします。法律の改正で通年劣化(畳や床の摩耗など)は退去時に敷金から引かれないことになったので、きれいに暮らしていれば、掃除代ぐらいしか引かれないので、初期費用は仕方ないと思ってって払うほうがいいでしょう。壁紙が剥がれたとか床に大きな傷があるとか、賃貸住宅の退去時には大家と一緒に確認するべきです。さもないと敷金がちょっとしか返ってこなかったりします。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の保証人について. All rights reserved.