トップ

賃貸契約の際の保証人について

賃貸契約の際の保証人

駅直結物件

賃貸物件の契約と保証会社の役割

アパートやマンションなどの賃貸物件に入居をする場合、その契約時には連帯保証人が求められるケースがほとんどです。仮にアパートやマンションなどの賃借人が家賃の支払いをすることができなくなった場合、賃借人の代わりに連帯保証人が家賃の支払いを行うことになっているためです。そのため、現在ではほとんどの賃貸物件では契約時に連帯保証人を求められることになりますが、なかには連帯保証人となってくれる親族などがいないというケースもあり、そのような人は保証会社を利用することになります。保証会社は手数料を取ることで連帯保証人となってくれるため、連帯保証人を用意できない人にとってメリットがあります。

契約j時の保証会社とは

賃貸物件を借りて入居するためには初めに契約を結ぶ必要があります。これは入居者と物件のオーナーとの間で結ぶ契約ですが、付帯して保証会社や火災保険の契約も行うことになります。保証会社は入居者が物件の家賃を滞納してしまった時に、入居者に代わって家賃を立て替えるというシステムです。加入しておくことで賃貸物件のオーナーの方は安心感が得られるのです。保証料として支払うのは家賃の何パーセントと決められていますが、リピーターの場合は保証料が割引されることもあります。立て替えてもらった家賃は利子を付けて返済しなければなりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸契約の際の保証人について. All rights reserved.